メールアドレス入力時のご注意 メールが届かない!?

医療経営士試験問題の再現にご協力をお願いいたします【謝礼あり】

こちらのページにきていただいて誠にありがとうございます。

中田くん
ありがとうございます!
鏡さん
ありがとうございます。

医療経営士試験まで残りわずかとなってきましたね。

試験対策は順調に進んでいるでしょうか。

 
さて、当サイトではわかりうる過去問などを参考に、サイト内記事や問題集を作成しています。

その一方で、医療経営士試験問題は回収されてしまうため、出題された問題を把握することは困難な状況となっています。

 
そのような状況ですが、管理人は受験された皆様の復習自己採点今後の受験生の皆様の少しでも役に立つコンテンツ作りを行うために、医療経営士試験で出題された問題を、ぜひとも把握したいと考えています。

 
そのため、医療経営士試験を受験される皆様にご協力をお願いしたく本ページを作成いたしました。

 
今までの医療経営士試験問題も受験者の皆様のご協力のもと作成しており、今回の試験でも同様に出題された問題を再現したいと考えています。

 
ご協力していただく内容をシンプルにご説明すると、問題と解答選択肢内容を覚えていただき当サイトまでご連絡をしていただくということになります。

 
ご協力いただいた方には謝礼として1問につきアマゾンギフト券500円分(Eメールタイプ)をお支払いいたします。

 

問題提供から謝礼受け取りまでの流れ

問題提出から謝礼受け取りまでの流れ

 
提出していただいた情報を元に管理人が問題の復元と解答を作成いたしますが、そのイメージは次のような物を検討しています。

Q-○○ (←○○には問題番号が入ります)
医師の養成関連の内容について誤りを選べ
(1)1973年には一県一医大構想が決定された。
(2)1986年には医師の新規参入が削減された。
(3)2006年には地域や診療科による医師偏在が公表された。
(4)2009年には医学部の入学定員が増員となった。
(5)医師偏在対策として地域医療支援センターの活用が医師法に位置づけられた。

 
答え (5)

(5)は医師法ではなく医療法上に位置付けられたので間違いです。

医療経営士初級テキストを見直すと、第1巻のコラムで扱われている内容に近い出題と考えられます。
当サイトの「最新初級医療経営士テキスト(3)」と「問題集 K-11」「模試 Q-40」で扱っていましたが、(4)(5)の選択は容易ではなかったかと考えます。
(4)については医療経営士初級テキストでも「2009年には8,486人まで増員した」と一文記載しているのみです…
(5)はサイト内記事「医師不足対策編」で扱っています。

 
目標は出題された問題の完全再現であり、皆様のご協力をぜひともお願いいたします。

 
ご協力いただける方は下記のフォームに必要事項を入力していただき、チェック欄のチェックを確認してから送信ボタンを押してください。

送信していただくと自動返信メールが届きます。

試験前までに当サイトからのメールが届いていない方は、当サイトアドレスからの受信が拒否されている状態と考えられますので、当サイトのメールアドレス(info@medimane.com、@は半角の@にしてご利用ください)の受信許可設定をしていただくか、異なるメールアドレスで改めてご連絡いただきたく存じます。

(前回は管理人からのメールが送信できずに連絡がとれなくなってしまう方がいらっしゃいました。こちらから送信しても送信エラーで返ってくると、こちらからは連絡手段がなくなってしまいます。)

 
皆様のご協力を何卒よろしくお願いいたします!

中田くん
お願いいたします。
鏡さん
お願いいたします。

 

入力フォーム

    携帯キャリアや社内アドレスなどでは当サイトからのメールが届かない場合もあります。
    当サイトからメールが届かない場合は、お手数ですがinfo@medimane.comからの受信許可設定のご確認をお願いいたします。

     

     


     

    更新日:

    Copyright© メディマネ , 2020 All Rights Reserved.